Google Custom Search

例えば、夕やけマラソン

サイト内検索の設置を3つの方法で試みて、結果的には Ajax版に落ち着いた。残り2つの落選理由。

MTデフォルト
  • 設置にさんざん手こずる
  • デフォルトなら難しくないはず・・・が、このサイトは全部、デフォルトを駆逐しているので、もう一度、復旧しようとしても何かヘン?
  • システムテンプレートが消えていたり・・・

Google Custom Search
  • 本家サイトから設置する過程が心躍り、楽しかった
    Google Custom Search Engine - Site search and more

  • 速い! けれども・・・
  • やっぱり対象ページが漏れ漏れ
  • あらためて自分のページがGoogleにさほどクロールされていない現実を思い知らされた(泣)
    (これは未だにホームページやファイル名のアンダースコア分を残していて、重複していることのペナルティなのかも?)
  • 例えば、完走記のページは大会が近付くとレース名による検索エンジンからの来訪者が増えてくるけど、本来、その語句のあるページが全てグーグルにキャッシュされているわけではない。

  • Ajax版による「夕やけマラソン」の検索結果
    Ajax版による「夕やけマラソン」の検索結果は「22件」(=22頁に登場)あるのに・・・

    Google Custom Searchによる「夕やけマラソン」の検索結果
    Google Custom Searchによる「夕やけマラソン」の検索結果は「13件」しかない
    (それでもこれはまだ結構、いい方)
  • ただまあ、先にも書いたとおり、語句の揺らぎにも対応してくれるので(例えば「夕焼け」なり「ゆうやけ」でも)、逆に広く掬ってくれるケースもある(ボストンマラソンなどはグーグルの方が把捉数が多い)

Google Custom Search Engine - Site search and more

今後の変化に期待

Google Custom Search
Google Custom Search
at 羊の映画館

あるべきページが対象に含まれていないのでは検索の意味はない、ということでGoogle Custom Searchは今回、見送ったのだけれど、これはまあ、このサイトがもっとGoogle に認められてちゃんと把握されてもらえればいいこと。

参考にGoogle Custom Searchも、一応、試験的に残しておく。いかに漏れているか、そして今後、どれだけ捕捉されてゆくか・・・の追跡のためにも(というのは本人でないと分からないことだけれど)。別に検索窓を両方(あるいは3つでも4つでも)並べて置いてもいいのだけれど、一番、エントリも少ない、裏寂れた? 場末の映画館にひっそりと。以下から↓

Google Custom Searchによるサイト内検索

ついでにMTデフォルトの全然、物足りない点

  • まず、致命的な欠点として、検索語句のハイライト表示がデフォルトで用意されていない。
  • Google にしろ Yahoo! にしろ、サーチエンジンの一種の「型」に慣れてしまうと、ハイライト表示されない検索結果は何とも手ぬるい。
  • 検索キーワードはどこ? ・・・と探さなきゃいけない間抜けさ。
  • かつ、デフォルトの検索結果テンプレートはエントリの概要を表示させる仕組みになっているので、タイトル+概要に検索キーワードそのものが出て来ない! ことの方が多い。
  • 一応、公開されているプラグインを使えば可能・・・ではあるが、これも欠点あり。
    =当該語句の前後を抜き出さない
  • プラグインの設定でこれをブログ記事にすることはできても、検索語句の該当部分を抽出するわけでないので、検索語句がハイライト表示されるためには、あくまでエントリ「全文」を表示してやらないといけない。そんな、検索結果で記事全文が出てきてもね・・・。
  • これもGoogleに慣れたユーザーとしては、検索結果はハイライト表示+その検索語句を含む2~3行の文章が表示されるのが当然で、前後が示された文脈からおおよその目星を付けられないと意味を成さない。

・・・と、これはまあ、これはプラグインにしろ、MT側にしろ、欠点がはっきりしているだけに今後、改良される余地はある。誰もやらないのなら僕がやるか! という野望も一瞬だけ浮かんだ。


 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。