カテゴリ別にデザインを変える

昨日の今さらながらのインポート作業もその一つで、ホームページとブログの「融合」から「移行」へ(まだ終わっていないのか!)。

どう違うのかという点については諸所あるのだけれど、ページごとに作成の柔軟性の大きいのがホームページ、ラインをきっちり固めて規則正しく流れ続けるのがCMSによるブログ。

ブログは何より日記性、連続性が重視されるから、ページごとにデザインやレイアウトを変えるという自由度の入り込む余地がない。カテゴリごとにデザインを変える、ということさえ一工夫が必要。

昨日エントリしたのも、旅行記の過去分ページについてもブログに流し込んでやったことがきっかけ。「旅行記」というブログの中で、旅行先のカテゴリ別に異なるデザインとしたい。ホームページなら簡単でもブログではどうするか?

色々ある方法の中で割とスマートなのは、一つのCSS中に <mt:CategoryBasename /> といったMTタグをクラス名なり、画像なりの部分に使用してカテゴリに対応する分だけの設定を生成させるもの。

もっと使いやすくするには、ブログ記事(リストページ、インデックスページ)全体を当該カテゴリ名をクラス名とする <body> タグでくくってやればいい。

このとき、ふと作業中に気付いたのは、ブログで一つのCSSにまとめてもいいけれど、カテゴリ分のCSSをセパレートに用意する方が素人的? かもしれないけれど分かりやすいことも確か。要は外部スタイルシートを読み込む <link> タグ中にも <mt:CategoryBasename /> なりを埋め込んでやればいい。

なり

でできるのでは。

さて、でもデザインのみならずレイアウトをもっと大胆に変えてやりたい。・・・のためにはCSSでなくHTMLの骨格を変える必要が出てくる。そこまでやるともう同一ブログ内である理由が薄くなる。

家に例えると、壁やカーテンや・・・の色を変える、模様替えする程度ならCSSで対応できるけれど、家のつくりそのものを変えてしまうには柱(骨格)を動かす必要がある。下手にいじると家が成り立たないように、それでレンタルブログの多くもユーザー側でカスタマイズできるのはCSSにとどまる。

落ち着いたらカテゴリでもレイアウトを変えること、さらにサブカテゴリでも・・・に挑戦したい。


 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。