複数ブログ、非ブログ

以下、例によってブログ構築、Movable Typeの裏側での作業過程。

カテゴリは個別ブログ

このブログ内に今現在、次のカテゴリを置いている(カテゴリ名と階層ディレクトリ名)。

  • 完走記 kansouki
  • ランニングエトセトラ run-etc
  • 本棚 book
  • 映画館 cinema
  • 旅行記 travel
  • PRELUDE prelude
  • 迷える子羊のつぶやき tubuyaki
  • ブログ化作業録 blogwork
  • 音のない世界で silent
  • (これまでの新着情報) profile

うち、完走記と旅行記の下にはサブカテゴリを置いている感じ。

見た目はカテゴリなのだけれど、実はこれ、全部、独立した個別のブログ。もちろん、MTの作業でカテゴリ扱いにすることもできる、それが普通で最初はそう考えたのだけれど、MTは持てるブログ数が無制限(=サーバー容量が満つるまで)というメリットを活かしてのもの。

カテゴリ、サブカテゴリ、サブサブ・・・と、僕自身が下に下に深く階層を置いていきたいな性質なので、別々にした方が分かりやすいかな、と最初からそうしてきている。

それぞれが、全く別のブログでも、トップページや過去情報ページには、それら複数ブログをまたいで、自動的に更新情報を表示してくれる便利なプラグインのおかげがあったからこそ。ただ、別々にした分、エントリーごとに切り替える必要がある等、管理の手間は多少あり。

全てがブログページでもなく

それから、MTで管理しているだけで、全てをブログ化させる必要もないこと。元々、ブログっぽくないページ作りを目指していることもある。http://silentsheep.net/ 内にブログではないページを置くことも問題なし。

実はスイス旅行記がそう。これも全部、MT上で走らせようかと思った、最初はそうしてみたのだけれど、これまで既に作っていたページだったので面倒で、そのままアップロードだけしている。フッターには変わらずPowered by Movable Type3.33-jaなんて置いてるけど、実はウソ八百。

そうすると、更新しても、今度はトップページや過去ページには自動的には表示されないのが難点。前回、一時的に表示されていたのは、トップページのソースをダウンロードしてから手作業で書き換え、再び手動でアップロードしたから。当然、MT上で次のエントリを更新すると、無情に消えてしまう・・・。

それでもやってみて感じるのは、以前のホームページのように、この方がうんと作業はやりやすいということ。MTのCMSによる便利さや、ブログゆえの可能性の大きさも認める一方で、ちょっとカテゴリ内の全ページに修正があって、それらを一括置換して、再びアップロード、というとき、MTで再更新、再構築するのは本当に気が重い。手動でならエディタで置換もあっという間、アップロードも瞬時。

融合、なんて見栄を切ったこともあり、そんなあたりも今また、考えている。

とりあえずスイス旅行記、そろそろ終わりたいので更新を急いで、しばらく手動でトップページに置いておきます。スイス旅行記ページも(RSSは機能していないのに)検索エンジンで辿り着いてくれる方もいるようなので、頑張って仕上げよう。

スイスの料理



 

  Related Entries


Message

メールアドレスが公開されることはありません。